オリジナルTシャツ・プリントTシャツ関連情報ブログ

オリジナルTシャツ・プリントTシャツをシミュレーターで自分でデザインしたい!という方に耳寄りな情報や業界最新情報を発信しています

クジャクをモチーフに、カラーもラインも幅広く遊んでみよう

好きな絵柄でTシャツをデザインしていると、だんだんいつも同じような、自分のクセが偏って出てきてしまいます。キャラクターを変えても、全体的な雰囲気が同じTシャツばかりだとつまらないですよね。いつもと違う感性を引き出してみませんか?今回はクジャクモチーフで考えて見ましょう。

 

<油絵のように色を重ねて>

f:id:origoods:20190119025449j:plain

大胆に筆を重ねて、クジャクの華やかさが表現されています。手書きTシャツのようなデザインは芸術性が高く見えますね。

 

<シンプルに形で表現>

f:id:origoods:20190119025921j:plain

滴型が扇状に広がっていて、真ん中にくちばし付の生き物がいたら、それはクジャクを連想できますね。カラーはシンプル、しかし落ち着いた色合いでも華やかに見えます

 

<特徴をどこまで引けるか>

f:id:origoods:20190119030713j:plain

後ろは大きく広がって、丸い形が並んであって、真ん中にはS字状の細いもの……。パーツだけ見るとクジャクとは思えませんが、特徴をものすごくシンプルにして且つ強調すると、不思議とクジャクに見えますね。引くデザインはセンスが問われます。

 

<本物よりうるさくしてみる>

f:id:origoods:20190119031221j:plain

羽の一片一片は美しいけれど、クジャクはそんなにごちゃごちゃしたデザインはしていません。でもとっても派手なイメージがありますよね。だったらデザイン上では好きなだけ盛ってみるのもひとつの手段です。

 

<単色で表現してみよう>

f:id:origoods:20190119031406j:plain

美しいクジャクのカラーを敢えて出さず、線だけで華やかさを表すという挑戦もあります。エスニックデザインを取り入れると、表現の幅が広がりますよ。

 

 

お題をひとつ決めて、そのモチーフでいろんなデザインを考えてみましょう。好きな画集などをお手本にしてイメージすると、いままで想像できなかった新しい世界が見えてくるかもしれません。