オリジナルTシャツ・プリントTシャツ関連情報ブログ

オリジナルTシャツ・プリントTシャツをシミュレーターで自分でデザインしたい!という方に耳寄りな情報や業界最新情報を発信しています

冷えた夜には夜空を見上げて。星空をTシャツに閉じ込めよう

秋が深まり、夜が長い季節になっています。夕方早い時間から日が暮れるのは寂しいですが、夜空を長く見られるのはこの時期ならではのこと。星空好きにはお得な季節ですね。どこまでも広がる大きな夜空、少し切り取ってTシャツに収めてみましょう。

 

<あの映画が浮かびます>

f:id:origoods:20181110034609j:plain


月明かりに照らされた木々の上に自転車、といえば宇宙人と仲良くなるあの映画ですね。自転車を星座のようにしても、この構図で映画のファンなら誰もが想像できるでしょう。暗号みたいでおもしろいデザインです。

 

<見渡す限りの贅沢>

f:id:origoods:20181110034638j:plain

視界の端から端まで星空、という光景をみたことがありますか?未経験ならば、この秋冬に是非。何億光年の時間がそこにあります。Tシャツにも彼方の星をちりばめて膨大な時間をこっそり詰め込んでみましょう。

 

<子供の頃から好きでした>

f:id:origoods:20181110034643j:plain

星も月もよくわかっていない小さいころから、三日月マークとお星様のマークには親しんでいましたよね。キッズには、星空入門編から。大切なキラキラ感は忘れずに施しましょう。

 

<覚えておきたい星座早見表>

f:id:origoods:20181110034647j:plain

一面の星空を目の前にすると、よく耳にするいろいろな「星座」がどこにあるのかさっぱりわからなくなってしまいます。四季それぞれ、見つけやすい星座を軸に、いくつかだけでも何座か探し出せるとより楽しいですね。

 

<どんな想いを馳せますか?>

f:id:origoods:20181110034650j:plain

暮れ行く空、明け行く空、星空はどちらもロマンティック。果てしない夜空を見ていると、考えが深まります。良いことも悪いことも、きっとあなた次第です。深い夜空に思いを溶かして、星空に流してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

都会では星空を見るのは難しいかもしれません。週末に少し遠出をして、星空ウォッチングに行って見ませんか。あなただけのTシャツデザインきっとひらめくでしょう。