オリジナルTシャツ・プリントTシャツ関連情報ブログ

オリジナルTシャツ・プリントTシャツをシミュレーターで自分でデザインしたい!という方に耳寄りな情報や業界最新情報を発信しています

何ゲーム遊べるかな?ボーリングTシャツ!

1960年後半から1970年前半にかけて日本で大ブームがあったボーリング。30代後半の方は小さいころからボーリングになじみがあったのではないでしょうか。しかし今の10代や20代の方は、もしかしたらプレイしたことがないかもしれません。10本のピンをひとつのボールで全て倒すことをゴールとする、特にアメリカで盛んになったゲーム。デザインにしても、かっこいいんです。

 

<ハマると抜け出せない!>

f:id:origoods:20180930030418j:plain

ボーリングって、「早朝プラン」や「レイトプラン」があるので、仕事をしていても朝から夜まで楽しめるんです。起きたらボーリング、仕事をしてごはんを食べて寝たらまたボーリング。最高のライフサイクル!

 

<1投を大事に>

f:id:origoods:20180930030612j:plain

あのピンを倒すのにどうやって投げるか?自分との勝負はこの1投にかかっています。投げ直しの効かないひりひりする勝負感は、日常のスパイスになりますよ。

f:id:origoods:20180930030628j:plain

 

<スラスラ言えたらカッコイイ>

f:id:origoods:20180930030644j:plain

どの世界にも専門用語がありますが、ボーリングにももちろんあります。ピンの残り方でいろんな呼び名があるんです。「クリスマスツリー」なんて、ステキな呼び方ですが・・・倒せないとかっこ悪くなっちゃいますね。

 

<狙うは中心!>

f:id:origoods:20180930030650j:plain

ストライクを狙うときは、まっすぐ中心を狙いますよね!気軽な気持ちで狙うとブレかねないので、人類の敵!くらいの的に見立てて投げると、強い気持ちで真っ直ぐ投げられるかもしれません。

 

<倒すのがカイカンなんです>

f:id:origoods:20180930030657j:plain

ボーリング場に響く「パコーン」という抜けた響きは、あの場でしか味わえない美しい反響です。上手くいってもいかなくても自分との勝負になるボーリングは、多人数でも一人でも楽しめるとてもステキなスポーツなのです。

 


ボーリングはたくさんの人を魅了し、一時期にはテレビドラマにもなりました。レトロというには早すぎます。ボーリング場は衰退していますが、大きな街にはまだあります。フラリと手ぶらで立寄っても1,000円ちょっとあれば楽しめるスポーツです。今だからこそ、遊んでみてはいかがでしょうか!