オリジナルTシャツ・プリントTシャツ関連情報ブログ

オリジナルTシャツ・プリントTシャツをシミュレーターで自分でデザインしたい!という方に耳寄りな情報や業界最新情報を発信しています

カラーを抑えてシンプルなデザインTシャツを作ってみよう

夏場は一枚で着ることが多いTシャツですが、冬場は重ね着をする機会が増えますよね。カラーの多い賑やかなデザインは楽しいですが、合わせる服のことを考えるとシンプルな単色デザインにしておくと着回しも便利になります。今回はコーヒーをモチーフに、シンプルデザインにチャレンジしてみましょう。

 

<文字を入れてモノクロに>

f:id:origoods:20190124224847j:plain

コーヒーポットもフォントに合わせたデザインになっていますね。ワンカラーでも、生地の色に合わせて色を変えると、何種類もパターンを作りやすくなります。

 

<シルエットでシンプルに>

f:id:origoods:20190124225046j:plain

男性にウケが良さそうなキットデザイン。もともとプラモデルなどは「後に彩色」というパターンなので、シルエットで表現してもよく伝わります。

 

<ラインも少なく>

f:id:origoods:20190125040703j:plain

カラーだけでなく、ラインも1本でまとめています。伝えたいことをどこまでシンプルにできるか、表現力が試されますね。

 

<生地の色を活かして>

f:id:origoods:20190125040938j:plain

茶色いコーヒー牛乳は、茶色い生地のTシャツで。モチーフのイメージがみんな知っているものであれば、引き算したデザインでも十分にまとまります。

 

インパクトで勝負>

f:id:origoods:20190125041316j:plain

モチーフとTシャツのカラーがまったく合わなくても、表現力でカバーができることもあります。あえて連想できなさそうなカラーを使ってみるのもひとつの挑戦ですね。

 

 

Tシャツ自体の色を上手に使うと、単色でもデザインが映えます。バランスよくまとまると、大人っぽい洗練されたデザインにできますので、いろんなモチーフで試してみてくださいね。