オリジナルTシャツ・プリントTシャツ関連情報ブログ

オリジナルTシャツ・プリントTシャツをシミュレーターで自分でデザインしたい!という方に耳寄りな情報や業界最新情報を発信しています

明日はイースター!ウサギや卵モチーフのTシャツ

最近日本でもよく聞くようになった、春のイベント「イースター」。キリストの復活を祝う意味と、ドイツ周辺に伝わる春の女神が合わさり、春の訪れを祝うお祭りになりました。毎年日付が変わるのですが、「春分の日を過ぎて最初の満月のあとの最初の日曜日」となっていて、今年は明日の4月1日がその日となっています。キリスト教の方も、そうでなくても春の訪れを祝うということで、イースターを楽しみましょう!

 

イースターといえばウサギ>

f:id:origoods:20180325030705j:plain

多産=豊穣の象徴とされるウサギは、イースター・バニーとしてイースターのモチーフになっています。ちびっ子が良い子でいたかどうか、を評価するサンタさんのような存在でもあります。

 

イースターといえばエッグペイント>

f:id:origoods:20180325030717j:plain

ある偉い人が「赤い卵が存在しないように、キリストの復活もありえない」と言ったことから、カラフルだったり装飾がすごい卵をつくるようになったイースター。卵もTシャツも個性的に塗りたいですね。


イースターといえばエッグハンティング>

f:id:origoods:20180325030746j:plain

卵を隠して、見つけるちびっ子の遊び「エッグハント」は、キリストの復活の意味から「生命の誕生」や「復活」を伝える意味合いがあります。卵モチーフもイースターの定番です。

f:id:origoods:20180325030803p:plain


<うさぎ・・・?>

f:id:origoods:20180325030814j:plain

こうなってくると、ウサギと卵が描かれていればなんとなくイースターがイメージされるようになります。モアイも、然り。


<とにかくハッピーがいいね!>

f:id:origoods:20180325030829j:plain

初詣からクリスマスまで、多神教が多い日本は、いろんなイベントを受け入れやすいのが良いところ。命と季節を大切にするイースターも楽しみたいですね。

 


地域によって違いますが、ちょっと豪華なお食事になるのも良いイースター。寒い冬が明ける頃ですし、Tシャツを着てこのイベントを盛り上げてみましょう!